PHILOSOPHY

都市と生活の再編集

人は一人では生きてはいけない。
私たちは、あらゆるヒト、モノ、コトとかかわりながら生活をしている。

すべての人の暮らしを豊かにするためには、
自分だけでなく、私たちの身近にあるあらゆる物事に目を向け、
より良いあり方を模索し、批評し、提案し、行動しなければいけない。

多様な価値観を受け入れるための社会を構築し、
過去から現代、そして未来へと継承される文化を育んでいくこと。
次世代に向けた思想の種を芽吹させるためにできること。

都市の、暮らしの、人の生活をより豊かするために、
分野もジャンルも越境し、新たな価値創造をもたらすこと。
社会の新たな補助線をしつらえ、再編集すること。
未来に向けたプロデュースを提案し続ける、
それが編集デザインファームTOKYObetaである。

デザイン

空間などのハードのデザインから、社会課題解決を促進するソーシャルデザイン、
人と人との関係をデザインするコミュニティデザイン、
産官学民を連携させる社会構築に向けたコミュニケーションデザインなど、
企業や組織のブランディングや社会の文脈を活かした新しいデザインを提案。
クライアントと長期並行し、情報設計からワークショップ・ヒアリングなどを通して、企業自身が見えていない本質的な価値を追求し、磨き上げるためのアプローチを行う。

ラボ

企業の未来研究やR&Dプロジェクトをサポート。分野を横断した様々な知見と経験をもとに、これからの社会に必要な種を発掘・支援するための提案を行う。
また、メディア事業を通じて、リサーチを通じて得られたものを、様々なコンテンツとして発信することにより、企業や団体の未来の視点を可視化している。

メディア

企業や団体のもつ可能性を広げ、本質的な価値を伝え、つなぐことで、より多くのステークホルダーと連携するための土壌を創出する。
あらゆるモノ・コトをメディアと捉え、デジタルからアナログまで、情報デザインによる見えない関係性をデザインするために必要な、企画・編集、コピーライティングなどコンテンツ制作を実施。
また、未来に向けた社会思想を実装するために、デザイン、テクノロジー、ビジネスなど、あらゆる分野の未来の当たり前に向けた哲学・思想を発信する出版事業も行い、次なる未来の補助線となる見えない情報をデザインしていく。